専業主婦でも利用できるカードローン

主婦専用カードローンとは、その名の通り主婦を対象としたカードローンで、金融機関で発行されるキャッシュカードに搭載されたローン機能で、専業主婦のみへの融資サービスとなります。仕事をもたない専業主婦は、主になる収入源が配偶者の安定収入となり、金融機関が専業主婦でも安心して借入が可能なサービスを実現するために行っています。通常、金融機関の融資は担保や保証人を設定します。金融機関のグループ会社である消費者金融が行う金融サービスの「キャッシイング」でも申込者本人に安定した収入が無い場合、貸し出し審査が通過しないことがあります。しかし、主婦専用のカードローンは、配偶者に安定した収入があれば、貸し出しを実行します。安定収入とは、毎月必ず入る給与所得であり、正社員、契約社員などの雇用形態に関係なく、労働者としての雇用実態があるということで、旦那さんが働いてさえいれば、その人の年収の3分の1までは借入れ可能となります。しかも、カードローンの場合、キャッシュカードに搭載された機能であるため、通帳残高が無いような場合でも自動貸し越しが可能なため、枠内であれば何回でも借りられて、無理なく返済が可能なことから主婦に非常に重宝されています。